<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小籠包

休日の午後、小籠包を作ってみようか、という事になりました。
急だったので、有り合わせの材料です。



玉葱なんて、きっと本場では使わないんだけど、入れてみたら結構美味しい。(長ネギ無かった。)
試行錯誤を重ねる予定ですが、備忘録としてレシピを書いておきます。





しかし、これ、どうでしょう。


b0012350_1747955.jpg



始めてにしては上出来ではないですか。


わたし、得意なことって、あまり無いんですが。
子供の頃、誰にも教わってないのに、餃子包むの、すっごく早かったんです。



めったに人を褒めない父親にも褒められて、
前世は点心屋だったのでは?と思ってましたけど。
今日、両手に小籠包を握りしめながら、確信を持ちました。



前世は絶対、点心屋。




しかも、今、「もっと上手くなりたい!」 というすごい欲望が沸き上がっていて、
放っておかれたら、来る日も来る日も、
点心を作ってしまいそうです。



でも、この程度で良かった。



前世はマンモス とかだと、非常に難儀な人生になりそうですから。








さて、お客さんが来る前に、蒸篭を買っておこうっと。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


豚バラ200g       →叩く
玉葱 小1個        →みじん切りして塩少々をまぶしておく。その後水にさらす。
白菜 茎の部分2枚     →みじん切り
生姜 1片         →すりおろして水80cc(様子を見ながら増減)と混ぜる。
塩 砂糖 醤油       →生姜の水と混ぜておく。


全部をふわふわに混ぜておく。


生地

薄力粉 約200g
強力粉 約50g
砂糖  少々


冷水を少しずつ混ぜて行き、耳たぶくらいの生地にする。
10分くらい捏ねて滑らかになったらラップに包んで休ませる。


この分量で30個くらい。
餡が少し余る。
→卵、水(卵の2〜3倍)と余った餡、を混ぜて、塩で味付け、次の日蒸しスープなどに。




備考
始めは鶏のスープをゼラチンで固めたものを一緒に包んでいたが、
餡にたっぷり水分があるのと、バラ肉を叩いた故か、それだけで十分な気がして途中でやめた。
包むのは、ゼリーが無い方が簡単。
[PR]
by yoru-tobari | 2010-10-12 15:22