<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

疑問

スネ夫 と 井沢(稲中の) は、
同じヘアスタイルということで良いんでしょうか。
昨晩、考え込んで眠れなくなりました。


引越しは無事すんで、こちらでの暮らしも落ちつきました。
皆様、そのせつはお世話になりました。


息子は最近になって、爆発的に言葉が増えたのですが、
寝言で、
「さんよ(自分のこと)、チ〇チ〇、ながーい。」
って、どんな夢見てるの!?



そんな息子も3才になり、 
”すごく危険なこと” は自分で解ってくれるようになった様子。
ある程度の危険予測はしてくれるようになったので、ずいぶん楽には成りました。
(な、長かった。)


本来、来年の4月から幼稚園なんですが、
来年は週二日だけのクラスにするつもりなので、彼の幼稚園デビューはもうすこし先になりそうです。

週二日のクラスがすごく楽しそうだったら、
その時に、また考えよう。






2.3歳の記憶って、あまり 憶えていないモノなんでしょうか?
私は異常に克明に覚えていて、母親に”気持ちが悪い” と言われるほどで、

「あの部屋に連れて行くたびに大泣きした。」と言われた時
「あれは、下に敷いてた絨毯がチクチクして嫌だったんだ。」といって、部屋の特徴をいうと、
それが2歳前まで住んでいた家だったりする。

断片的なんだろうと思っていたら、
母親が ”こんなことがあった” という時の記憶は結構蘇ってくるので、割合憶えているようです。





で、すごく鮮明なのが、2才から3才の保育園の記憶です。


なんだか、とにかく、清らかというか、何というか・・・。
例えばこちらが故あって泣いているとします。
入園して間もない頃でした。

すると先生が、凄い、にこやかにやってくる。
そして、膝まづいて、すばらしい笑顔で、

「どうしたの?泣いてないで、笑おう!」

みたいな。

「ぇえっ!?」

「みんなー。ヨルちゃんが泣いているから、お歌を歌ってあげましょう。」

囲まれて歌われる、気まずいワタクシ。






馬鹿にすんなっ!








ボキャブラリーが豊富だったら、
どんな暴言を吐いていたかしれません。


くわばらくわばら。







ちなみに息子は、理不尽を感じると、

「さんよは、バイクに乗って、棒で、ぶちゅ。たーたん(私のこと)を。」


と、ばっちり主張できているので、よしとします。(良いのか?
[PR]
by yoru-tobari | 2009-10-28 14:41