<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

牛乳は、噛んで飲む

目がメガかゆいのですが、花粉症でしょうか?
ここ数年治まっていたのに、切ないです。

以前、アレルギーチェックしたときには、

ヒノキ
マツ
カヤ
ブタクサ

にアレルギーがあると言われ、季節を調べたら、
「ほとんど一年中じゃん!」
と、ムカついた覚えがあります。


確かそのとき、ニコちゃん(ペットの陸亀)と、ともに、ハナが止まらなくなり、
亀は入院
私は、アレルギー科に通院。

調査の結果、
亀の家に敷いた、敷きワラが原因だと分かったのでした。
(ウサギとか、ハムスター用のもの。)

季節によって、蕾が混入するらしい。

その先生は、初の症例だと、大変喜ばれ、
敷きワラをサンプルに所望されました。

で、何でこんなことを書いてるかというと、
まあ、目も痒いんですが、

なにより、

息子が一日中、
「これを、こうやったら、どうなるんじゃろう。」
という、好奇心のままに、無体を続け、

俺はほとほと、くたびれて、

今も、
ストローつきマグの、ストローを鼻に突っ込んで
一回、鼻から牛乳を飲んで泣き

”吸うと危険”

と理解したバカちんは、
今度は鼻から息を吹いて激しくブクブクさせていたら、
大変勇ましい気分になったようで、

服を脱ぎ捨て、全裸で外に行こうとせがんでいます。



・・・早い話が、現実逃避です

(というより、もう、どの段階で止めたら良かったのかすら、分からない)


で、今はまた、美味しそうにその牛乳を飲んでいます。
(はぁ~



では、戦線に復帰してきます。
[PR]
by yoru-tobari | 2009-04-23 18:19

夫メシ

とある休日、
なし崩し的に、夕食時となりました。


一応、ご飯とスープはあって、
シカ肉は解凍してある。

じゃあ、おかずはどうしようかと、夫に聞くと、
「ナマでくう。」
と。

明日も休みだから、ニンニクを添えるか聞くと、
「そのままチンしてくれる?」  


・・・・!?



ニンニクって、あの、皮付きのたまねぎ状のまま、
ちょっとぬらしてチンすると、美味しいんだそうです。

「おやじと俺は、まるでみかんでも食うように、5つも6つも食う。」
とのこと。


そして整った食卓には、
生肉と、塊のままのニンニク。(料理とはいえない)

前には、
上半身ハダカの男、2名。

わしわしと、地の滴る肉を、手づかみで食うわが子(念のため、子供の分だけ軽く火を入れたけど、かなりレア)
と、
次々と、ニンニクを吸い込む夫。





生まれてはじめて、
見てるだけでおなかがいっぱいになりました。



ぐんぐん男度の上がる我が家、
たまに、女の子がいたら、また、かわいかろうねぇ。 と、思うんですが、
また、男の子だったり、
女の子が生まれても、
男勝りの女丈夫になる可能性のほうが高そうだのぅ。
(今のところ、予定はありません。一人で精一杯です。)

どんな子でも、丈夫に育ってくれさえすれば、それ以上なんにも言うことないんですけどね。。


でも、夫、
女の子だったら、名前は、
「鬼が怒ると書いて、キヌちゃん。」

とか言うんだもの。
絶対強そうだし。
[PR]
by yoru-tobari | 2009-04-16 18:06

何の花?

b0012350_247851.jpg






きれいでした。
[PR]
by yoru-tobari | 2009-04-13 02:50

桜の前

b0012350_2442692.jpg

[PR]
by yoru-tobari | 2009-04-13 02:45

手作りキケン

洋服屋さんに行ったとします。
そこのテイストにもよりますけど、
たとえばジャーナルスタンダードとか、art & science  みたいな、
シンプルで、ざっくりしたシルエットの服を見ると、

「作れるんではなかろうか・・。」

と思うクセが抜けない。


多くの場合、撃沈するんですが、
いろいろ考え、素材を選び、サイズの合った物を作るのは、本当に楽しいことです。


ただ、昨今の、麻を使った、ズボ~ンとした服、
一歩間違うと、確実に、



b0012350_16573032.jpg

                 ドビーになります。  



屋敷しもべか、と。






とにかく、手作りをするにあたって大事なのは、
自制心と、客観性だと思われます。


人に贈るなんて、すごいハードル高いです。


これを見て、自省し続けていく所存です。
[PR]
by yoru-tobari | 2009-04-05 16:59