<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ガーデナーへの道  その2

しばしの現実逃避の後、

ものすごーく遠くのほうから再度確認。



んんん?
敵(ミミズくん)ではない様子。


でも恐ろしいので、その日は放置し、
後日、夫の立会いのもと、確認!



「隊長!食料です!」  (何プレイ?)


b0012350_1243318.jpg

ラデッシュ!

だ、誰が植えた? 笑
2人とも心当たりが無いのだが、
いただくことに致しました。




b0012350_1252498.jpg

お塩とバターで。
ラディッシュは、こうやって食べると、
ブルーチーズっぽい美味しさになって不思議。

美味しかったけど、なんでこんなにヘトヘト?
[PR]
by yoru-tobari | 2007-03-16 16:05

憧れの、ガーデナーへの道 

カオス な お庭を、
恐る恐る、眺め渡すと、

撲滅したはずのドクダミが、芽を出したり、
明らかに、”抜いたほうが良い草” が、伸びていた為、
へっぴり腰で草むしりを決行することにした。

以前も書いたが、

とにかくミミズが恐ろしい。

草むしりの途中に、遭遇すれば、
2,3日は立ち直れないだろうと思われる。
しかしながら、
次の夫の休日まで、
このまま放置しておくのも、どうかと思い、

「いつでも逃げられるスタイル」
で、草むしりに臨んだ。

退路は確保。

万全だ。


「やー。」
とか、
気合を入れながら、一本、一本抜いてみる。

「ああ、このスリルは、黒髭危機一髪以来だなぁ。」 
などと、余裕が出てきた矢先、



「の゛ーー。」


なんだか、イケナイもの発見。



放置!

撤収!!




                        つづく。
[PR]
by yoru-tobari | 2007-03-15 11:32

お庭・・・その後

和魂氏(夫) が、はびこるドクダミを、根こそぎ引っこ抜き、
石ころを取り除いたりした結果、
我が家の小さきお庭は、
ドクダミ以外の植物にも、居心地のよい環境になったらしい。

3月ほど前に、いろいろな苗や種を植えたんだけど、 (夫が
どうやらきちんと根付いたらしく、
ミントやローズマリーなどのハーブ類は、新しい葉っぱが次々出てきて、
お料理に使ったり、お茶にしたりしている。

もっと、ばさばさ生えて来るらしいので、
そろそろお風呂に入れてみようかな、などと楽しみにしているのだ。


た、楽しいじゃん。園芸。 (収穫専門 ←最低



で、


春がきた。



雨が、降りましたね。


その明くる朝、

庭を見てみると、

わー

どうしたことでせう。


土が見えていたはずの所まで、真緑。
いきなり、もっさり、色んな芽が出ちゃったモヨウ。


ひぃぃぃー。


ここで、心ばえの、高らかなる人ならば、
春の息吹に心躍らせたり、
芽吹きのいじらしさに涙ぐんだりするのかもしれないが、

なにぶん、
不調法なわたくし、
ついて出た言葉は、

「こ、こえー。」

感動以前に、怯えますです。


こんなに、にょきにょき、一夜で生えちゃうんだ・・・。


仕事で旦那様はお留守ゆえ、
現状を把握せねばと、こわごわチェックしたところ、
なんだか、すごいことになっている。

旦那様、いろんな野菜のタネを蒔いてくれたのはいいんだけど、
その様子を想像するに、
多分、いろんなタネを、豪快にまぜて、
そして、えいやぁと、ぶち撒いた。

に、ちがいない。


もう、カオス。


そして、
何のタネだったのかすら見なかったそうなので、
どれが食べられて、
どれが食べられないのか、
さっぱり分からなくなっております。


しかしながら、
せっかく食べられる草が生えているのに、
放っておくなんて、罰があたる。

と、いうわけで、


しばらくの間、

ヤミ鍋

ならぬ、

ヤミ庭大会が、
夜な夜な開催されるワケであります。


参加者募ル!




                              ・・・    続く
[PR]
by yoru-tobari | 2007-03-13 10:31