<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

立ち会われ出産

子供まで作っておいて、こんなこと言ってる場合じゃないのだが、

「立会いたいです。」 
という夫に対し、

「はずかしいです。」
と、立会い出産を渋っていたわたくし。

だって、恥かしかったんですもの。 



以前、検診に付き合ってもらったとき、

超音波でモニターに子供の姿が映るので、

「旦那さんも呼んでいいわよ。」

と、看護婦さんに言っていただいたこともあり、彼を呼んだことがある。



まぁ、その時私は、例の椅子に乗っかり、超音波の棒(!)が入っている状態でした。
(要するに、アラレもない格好)

旦那様は、何を思ったのか、先生の隣に立とうとされた。
つまり、股ぐらの間、
最前線。

足を固定されたまま、腹筋だけで起き上がり、旦那様を止めた俺。
モニターに映るんであって、そこから見えるわけではない!

「堪忍してください。」



それがトラウマになったわけでもないけれど、
なんとなく恥ずかしい気がして、「どうしようかな。」と、思っていたのです。



結果から言うと、
ちょうど旦那様の帰宅直後に破水して、
そのまま産院に行き、陣痛中も一緒だったので、
自然とそのまま一緒にいたわけです。


途中、一回席をはずしてほしいと頼んだのは、

今だから告白しますが、

子供が出てくる感じが、
まごうコトなく、脱糞のそれと酷似しており、

「違うものを生んでしまうのではないか。」
と不安に思ったからでした。


うんこぐらい、いいじゃないかといわれても、
そんな リーサルウェポン を披露できるほど、私は肝が据わっていません。
新婚だし。(うるさい)


で、少し経つとその感覚は、
うんこ ではなく 子供 だったことが解り、 (←最低)
旦那様も復帰。
私も出産に集中できて、

無事、二人で子供を迎える事ができたのでした。


登場した息子を、
初めて見た瞬間の事は、
多分、死んでも忘れないと思います。

同時に、私の右側で、
一緒に同じような気持ちで息子を見ていた彼の横顔も、私は忘れない。


たぶん、本人より周りの人にとっての方が、
ながーい時間だったと思います。

立ち会えてよかったと、言ってくれてありがとう。
私こそ、
ずっと心強かったです。
[PR]
by yoru-tobari | 2006-09-25 14:52

ぼんじゅーる。

背後では、セガレが眠っています。(大の字・爆睡・ちょっと白目)

生まれたばかりの頃は、
弱々しくって、ちっちゃくて、どきどきし通しでしたが、

助産師さんをして、
「ガッツがある。」と言わしめた、
新生児にあるまじき乳の吸いっぷりで、ぐんぐん太り、
いまや、少し、おっさん風。

しぶとそうで良し。




しかし、赤ちゃんの可愛さって、もっとファンシーなものかと思ってたんだけど、
(うちだけなのかもしれないが) 
それはちょっと違うらしい。

ことあるごとに、



「ほっとかれてるの、わしー。」

とか、

「お腹すいたの、わしー。」


とか、
白いシーツの真ん中に、ぽちっと寝転び、
顔をくしゃくしゃにして、
真っ赤になって泣く姿は、
まるで  ”梅干の精” 

何だかとっても、かわいそう。
かわいそうなのに、

梅干の精。


夜泣きした晩、
よれよれになってしかるべき両親も、つい、そのたびに笑ってしまうのだ。


楽しいな。



セガレよがんばれ。

泣いたときには、いつでもそばにいるから。



あなたが望むその日まで。
[PR]
by yoru-tobari | 2006-09-03 20:24