エロ電話

エロ電話が、かかってきました。

「それどころでは、ありません。」という時に限って、かかって来るモノなんでしょうか。

体中の力が、抜けるような気がするので、
やめてほしい。


しかも、そやつは、以前も、家にかけてきておる。
喘ぎ声で判別できる自分が、すごく嫌なのだが、間違いない。


だって、

「 ふるえる チワワ? 」 みたいな感じで、かわってるんだもん。
超ウラ声だし。笑



考察するに、電話なので、彼なりに工夫しているのかもしれんが、
現実に、そんなヒトがいたら笑う。
ウラ声チワワ野郎は、普段でも、あんなよがり方をするんであろうか?
病気である。


私は、通常、面白がったりせずに、すぐ切りますが、
以前 ”永 六輔”  の浅田飴のコマーシャルの時にかかってきた時は、
当然、受話器をテレビにあてがってやりました。(親切。)
「永ロクとやってろ。」


しかしながら、
そんな良いタイミングの時など、滅多になく、なんとなく、悔しい思いのまま切る事が多い。
怒って 「こら」 とか言っても、マゾ男だったら喜ばせかねませんしな。


で、私考えました。
すぐに再生できて、電話のそばに置けるもの。



・・・・・・・・ 「わらいぶくろ」 が、いいんではないか?



あれ、しょっぱなからテンション高いし、最適ではなかろうか。
笑い袋だ。笑い袋しかない!!

今度、ハンズに行ったら探してみる。
[PR]
by yoru-tobari | 2005-02-03 13:11
<< 遊山のおもひで 羽をくれたひとに >>