見当違い

先日、ぼーっと考えていたんです。


家にはテントがあり、カセットコンロがあり、LEDのライトもある。
庭で野ざらしのアウトドア用の椅子もある。(古道具屋で500円だった)
そして夫はアウトドアっていうか、サバイバルっていうか、
とにかく、外に出しておけば頼りになる。

そして息子はもう五才。


「キャンプ、出来るじゃん。」

楽しそう
ろまんちっく
星とか見ちゃうのかも!

と夢は広がります。



夫に
「キャンプしたことある?」
と聞くと、
「うん。ジンバブエでキャンプした。アヌビスマントヒヒには注意しろ。
あいつらテントのチャックあけて来るから、マジで恐いぞ。」



とりあえず、経験者確保。



早速、近郊のキャンプ場を調べました。


「なになに、トイレや水場が綺麗な所を選べとな。」
「管理人常駐が良しとや。」
「オートキャンプって?」
「ドッグランて?」
「イベントって?」
「ダッチオーブン?コールマン?」
「キャンドルナイト?」
「ワインで乾杯!?」



色々調べてみましたら、
私たちのしようとしている事は、正確にいえば、


「野営」

でした。




初めてだし、
適当に行って、地べたでサバでも焼いて、ご飯炊いて、豚汁なんか作ればいいかー なんて
軽く考えていたんです。


しかし、私が候補にあげたキャンプ場は、大変にお洒落な雰囲気でして、
どうもそれでは、凄く浮きそう。
(そして、野営地としては、宿泊費がかなり高値でした。)



むしろ、お洒落な感じの人の横で、
そんな竪穴式住居みたいな生活様式は、怒られそう。

私たち、やっぱり恥ずかしいんじゃない?
駄目なんじゃない?


「甘かった…。」


なんだか、ひどく打ちひしがれて、
その日は、
よろよろと、お布団に入って寝ました。






心にトゲを残したまま、


1ヶ月程経った頃です。


夏休み、
ここらで、ちょっと変わった事がしたい。
(親が)


で、もう一度調べてみたんです。
今度は口コミからみて、どうやら公営のキャンプ場の方が良さそうだと思うに至り、
市民の森とか大きな公園にくっついてるキャンプ場を探しました。



公園で遊んで、そこで寝られるなんて、夢のようではありませんか。


この前のとき、「今頃かけて来たって、空いてないよ!」とか、
言われたんですが、公営の所はまだ結構空いてました。
しかも、3人で1泊1500円!
隣に温泉あり。



これ、私、見つけちゃった?



結果がどちらでも、ご報告致します。






チルカ、サクカ!
[PR]
by yoru-tobari | 2011-08-13 02:01
<< 日曜日 姥子温泉秀明館 >>