夏 のおもひで 1

考えてみれば
当たり前のように 「午前3時集合」 という所から、まず、おかしい。
おかしいのだが、「はい。了解。」
みたいに、するする話は進んでいく。

乗車メンバーは、
新妻さん・旦那様・例の和魂氏・三号機(息子)・そして俺。


みつけんさんちに行くのだ。


ミンミン打破を飲んで、ハイになった和魂氏の話に、じっくり付き合ってくださる旦那様。
肉を喰らい続ける和魂氏にヒかないどころか、
立ち寄る店で、そっとサラミやビーフジャーキーをゲットしてくださる。
きゅーーん。
いい嫁だ。(違う)


ばりばりに起きている三号機は気になるが、
かなりスムーズに目的地に着きました。

スムーズすぎて、たたき起こされたっぽいミツケンさん。
久しぶりー。元気だった?


・・・。ふたを開ければ、全員寝不足。
車で来たメンバーは、ほぼ徹夜だし、
新妻さんとこの旦那様にいたっては、2時までお仕事だったわけで。
スタートから、軽くピンチという、このストーリー・・・。
ドM三兄弟は良いとしても、新妻さんはSなのに。


気を取り直して、朝風呂に連れて行ってもらいました。
私もここのお湯が一番好きだった。
露天からの景色もすばらしい。

普段は日に当てないような場所も、ばっちり日に当てて、大変に満喫いたしました。

はふーん。とここで昼寝したいところですが、
なんと、ここから、こともあろうに、

釣りです。





釣り?



徹夜明けに釣り。
なぜに? と思うまでも無く、
M三兄弟と三号機、新妻さんは(Sなのに!)ミツケンさんの車に揺られて釣り場まで向かうのであった。





続く
[PR]
by yoru-tobari | 2009-08-28 00:01 | Comments(0)
<< 越せんのか 蓮の花 >>