「ほっ」と。キャンペーン

近況

お久しぶりでございます。

仕事復帰して3年目。
赤ちゃん抱っこしてる頃は、とてもまた同じ仕事を再開できるとは思わなかったのですが、
色々なご縁と幸運で、また戻ってこれたなぁと、本当に感謝しかありません。

染織っていうと、優雅なしごとって思われますが、
実際に仕事にすると、力仕事に水仕事、時間は滅法かかるのに、実入りは少ないっていう感じ。

でも、寝る時間を減らしても、”ちょっとすきだった”程度の趣味を全てカットしても、
やっぱり糸にさわっていると嬉しいし、
出来上がったものが、誰かをすっぽりくるんでるって思うのは本当に幸せなことです。

今は、犬と息子が底が抜けたバケツみたいに、永久に愛情を欲するので、おかあちゃん業も気を抜けませんが、もっといいものを作れるように、精進中です。


よく、ここで出会えた方のこと、思い出します。
今、ある程度自分のことがわかってどんと構えていられるのは(まぁ、たまに揺れるけど。)
あの頃、みんなのことを知ろうと一生懸命だったからかもしれない。


全部はきっと理解できないんだって、無力を感じながらも、その人のことを全力で想ったから。
その頃はわからなかったけど、そのことが今の自分を助けてくれてます。
そう感じる時はいつも、みんなが、元気だと嬉しいし、迷った時は話してほしいなって、いつも思うんです。



身近な人を分かりたいと思うのって、やっぱり愛だね。愛!    
ここで愛を知ったよね。 笑


また、来ます。
みなさま良いお年を!




b0012350_12521030.jpgb0012350_12523386.jpgb0012350_12525120.jpgb0012350_12534656.jpgb0012350_1254880.jpgb0012350_1254251.jpg
[PR]
# by yoru-tobari | 2016-12-23 12:54 | Comments(0)

ちかごろ

最近、感謝って事を良く考えます。

息子の剣道の先生が、「一番大事なことは、感謝のこころ」と、
腕白坊主たちにとっくり言い聞かせ、
厳しくも温かい、尊敬する先生にそう言われれば日々そのことを考える様子。

ご飯をのこしても、
学校に行くのがめんどくさくても、
イライラしていてても、
「感謝のこころを忘れてませんか?」と問いかけると、素直になれるみたい。

そうね。
私も一緒に、よく、そのことを考えて、感謝の気持ちを忘れたくないなと思っています。

そして、やっぱり、人の縁。
自分の宝物は、やっぱり出会い。
友人に、息子に、夫。
出会いは、ご褒美みたいだなぁ。
だから、かわいかった(はずの)少女の頃より、ぴちぴちだった(はずの)若い頃より、
皺が出来ても、たるんできても、昨日より明日の方がきっと良い日だと信じていられる。

自分がこんなふうになるって、考えても見なかったなぁ。

皆と会えたことに感謝。
うれしいな。
[PR]
# by yoru-tobari | 2013-12-24 21:00 | Comments(2)

自由研究

ご無沙汰しております。

夫婦+息子+ハリネズミ共々、こちらは変わらずやっております。皆様もお元気でせうか。



ふと思い出したんですが、夏休みの宿題に自由研究ってありましたよね。


4年生の夏、私は、父親の田舎である北海道に滞在していましたので、
そこにある湿原で、植物採集をすることになりました。


叔母さんが付き添ってくれて採取開始。


叔母さん、今思えばかなりの天然系です。
熊牧場でも私を抱いて 「くまさん、くまさん~~。」と花柄のハンカチを振ったので、
熊全頭、収集がつかない状態になって、怒られたりしました。
私はこの時、
肌がヒリヒリするほどの ”満場からのむきだしの敵意” を肌で感じたので、
歴史モノを読んだりする時とてもリアルです。
叔母さん、ありがとう。



そう、その日も、見渡す限りの原野に、叔母さんはかわいくハイヒールでやってきました。
叔母さんの平常心につられて、その辺の野っ原で草摘んでる気分でいられましたが、
今思えば、丹頂鶴がハトみたいにバンバンいるし、
フツウに熊が出る辺りです。


もちろん、植物もフツウじゃありません。

私たちはのんきに、
「あれ、大きいわよ~。」
「立派ね~。」
と、出来るだけ派手な草を引き抜いて持って帰り、押し花にして保存しながら、図鑑で名前を調べました。


天然って怖いですね。


押し花は全部非常にデカいので、
画用紙一枚につき、一種類。
そ20ページ程のそれをリボンで綴じて完成。


わたしは嬉しくて嬉しくて、何度もページを繰ってはその内容を完全に記憶しました。


そう、今でも覚えています。


最初のページを飾った、派手でかっこいい植物は、トリカブト

群生していてたきれいな葉っぱは、大麻




両親にも見せたし、親戚にも見せたのに、誰もヤバイと思わなかったのか、
無事に先生に提出され、ハナマルもらって返ってきました。


のんきな時代だったのか、天然と無知の勝利か。
さて、どっちでしょう。



夏まっさかりですが、
バテずに満喫したいと思っています。

皆様も、夏を楽しんでくださいませ。


ではまた!
[PR]
# by yoru-tobari | 2012-07-28 14:27 | Comments(1)